Skip to content
言語選択:

エネルギーは、地球の動力であり、その分野でビジネスを行うことが極めて重要でかつ複雑な産業です。シドリーの経験及び成功は、広大な領域にわたります。当法律事務所の弁護士は、エネルギー業界の全分野にわたる企業、投資家及び貸し手を対象に、彼らが直面する広範囲の問題に対応するための現実的で実行可能な法的助言を提供しています。シドリーの顧客は、シドリーを信頼しており、当初から綿密な検討を行ったうえで顧客の成功に必要な付加価値のある洞察を提供することをシドリーに求めています。

当法律事務所の多様な顧客基盤には、エネルギーの開発、生産、輸送、処理及び販売を行う企業が含まれます。私たちは、これらの事業において生じる複雑かつ相関した法律問題に対処できます。これらの法律問題には、企業間取引、訴訟、国際仲裁、社内の及び政府関連の調査、料金問題、信頼性基準、執行措置、市場操作、コンプライアンスに係る計画及び研修並びに企業再編が含まれます。規制が増加の一途をたどるなか、当法律事務所は、政府最高レベルとの協力の経験を活用し、費用対効果の高い方法での紛争解決を支援します。

連絡先

エネルギー業界の各分野における当法律事務所の実務を通じ、当法律事務所は、法律事務所のなかでも真にユニークな全体的な視野を持つことができます。当法律事務所のチームは、コーポレート ファイナンス、プロジェクト ファイナンス、不動産、土地利用、環境規制、デリバティブ及び商品、税務、労務、国際貿易規制、紛争解決並びに技術の分野における豊富な経験を有する者を含む所内の数多くのプラクティス・グループに所属する弁護士及びエコノミストの経験および才能を活用しています。

このチームには、世界中の15のオフィスから140名以上の弁護士が所属しており、以下の形で顧客に価値を提供しています。

石油及びガス—当法律事務所の高度に多角化された実務は、あらゆる種類の取引、規制、訴訟に関する案件をカバーしています。私たちは、石油及びガス分野の顧客に対し、探鉱、開発、生産及び流通チャネルの各段階において助言を行い、私たちのチームは、エネルギー業界のほぼ全ての領域で、顧客を代理しています。これには、上流、中流及び下流の石油ガス及び電力開発業者、油田施設企業並びに天然ガスパイプライン企業及び運送業者が含まれます。当法律事務所の水圧破砕法に関するレポートをお読みください。

代替エネルギー—私たちは、米国及び世界における最重要の再生可能発電プロジェクトの多くについて開発業者及び金融機関を代理し、税務を含めこれらの取引の全ての側面について包括的な助言を行います。私たちはまた、バイオ燃料施設の開発の当事者も代理しています。当法律事務所の弁護士は、公募及び私募、M&A、プロジェクトファイナンス及びジョイントベンチャー並びにこれらの活動に起因する紛争解決に関し業界参加者を代理してきた豊富な経験を有します。

発電—シドリーの弁護士は、発電及び電力取引に従事する顧客に対し、分散発電、原子力、化石燃料、輸送及び流通、地熱、風力、水力並びに太陽光発電を含む各分野における規制、ファイナンス及び税務に関する助言を行います。シドリーの弁護士はまた、発電所並びにその他の発電及び送電施設の建設に関するものを含むこれらの活動に起因する紛争の効果的な管理及び解決について顧客を支援します。

原油及び石油パイプライン—シドリーは、取引、訴訟、規制問題を扱います。これらには、市場ベースのレート認可、従来型の建設及び定期借入の確保、複雑な料金問題への対処、生産規制及びその他のサービス条件等のレート以外の料金問題の解決、パイプライン容量のリース、パイプライン施設及びインフラの買収、資産、サービス及び競争的なアクセスについての管轄上の地位の確保、州際通商法及び外縁大陸棚法の遵守の確保並びに反トラスト及び競争に関する問題への対処を含む取引、訴訟及び規制に関する問題について、多くの大規模な原油及び石油製品パイプライン並びに石油パイプライン協会を代理しています。

電気事業及びエネルギーのマーケティング—チームは、連邦エネルギー規制委員会(FERC)において並びに連邦及び州の裁判所の初審及び控訴審において、更には破産裁判所及び米国連邦請求裁判所において顧客の代理人を務めています。私たちは、これには、連邦動力法第203条に基づく施設の売却又は譲渡、連邦動力法第205条に基づく市場ベースのレートでの電力販売の認可取得のための申立の実行、送電レートに関する事件の儒j日及び訴訟、組織的な電力市場における市場デザイン問題についての助言、天然ガス売買会社及び運送業者に対する天然ガス法及び天然ガス対策法に基づき生じる問題についての助言、FERC手続きに関する訴訟及び和解に関する戦略の策定並びにCFTC及びFERC訴訟の管理を含む送電及び電気販売事業のあらゆる側面について助言を行い顧客を代理します。

シドリーの実務に対する評価

顧客に対する助言において発揮する強いリーダーシップによって、シドリーは、多くの業界専門誌から評価されています。これには、2016年受賞の 訴訟 – 規制執行(エネルギー)分野におけるU.S. News – Best Lawyers Law Firm of the Yearの他、Energy Law and Natural Resources Lawにおける国内トップランクの評価が含まれます。シドリーは、ヒューストン、シカゴ、ワシントンDC及びサンフランシスコにおいて、Energyにより、地域のトップにランキングされています。以前のアンケート調査結果では、シドリーは「石油及びガス会社が直面する問題に精通し有益かつ簡明な助言により顧客のニーズに非常によく対応する」とされています。シドリーを Law360 の2015年のEnergy Groups of the Yearに指名した同誌編集者は、シドリーのチームについて「業界最大規模の企業のいくつかが規制上の障害を克服し過去一年間で何十億ドルもの取引を成立させるのを主導した」と評しています。

当法律事務所の弁護士は、 Chambers、 Who’s Who Legal、The Legal 500,、Project Finance International、IFLR 及び Euromoneyから主導的な実務家として評価されています。

チームについて

  • 当法律事務所のチームのメンバーは、様々な政府機関における勤務経験を持ち、エネルギー規制及び執行に関する類まれな内部の人間としての視野を持っています。このチームには、以下のメンバーが在籍しています。
  • 連邦議会の下院エネルギー委員会委員であった下院議員
  • FERC公判部の元主任弁護士を含む元FERC所属弁護士
  • 米国商品先物取引委員会(CFTC)の執行部の元部長を含むCFTCの元執行担当弁護士2名。
  • 元米国司法長官代理、元米国司法副長官並びに多くの元連邦検事及び元連邦検事補
  • 米国環境保護庁、陸上運輸委員会及び証券取引委員会の元法律顧問
  • 元米国司法省部長数名
  • 元連邦取引委員会所属弁護士数名