Skip to content
言語選択:
数多くの法律分野にわたり顧客に助言を提供するする弁護士が在籍するシドリーの幅広い法律業務の中心にあるのは、金融サービス業界のための実務です。シドリーは、金融業界のあらゆる分野において大手企業すべてを顧客とし、数十年間にわたり、金融に関連する全ての法律分野における先駆者であり続けています。金融サービス業界の顧客に対する業務を拡大させるため、シドリーは、執行及び政府戦略チーム等の補完的な業務分野を構築しました。金融業界において、シドリーほど長期にわたり高いレベルの信用を築き真摯な姿勢で取り組んできた事務所は他にありません。

連絡先

シドリーの金融サービス業界及びシドリーを頼る顧客に対する献身は、世界中の最も重要な金融市場のある都市においてシドリーの実務経験を深めるという当法律事務所のビジネスモデルに現れています。私たちは、世界中の証券取引所の上場企業を代理し、これらの証券取引所に関する規則について顧客に助言します。

シドリーの業務には、以下が含まれます。

  • 世界の大手投資銀行、多くの地域投資銀行及びその他の金融仲介業者の実質的に全てを証券取引において代理し、100社以上の公開企業の証券取引において指名引受幹事会社の顧問を務めています。
  • 100社以上の公開企業に対し、証券取引並びに継続的な報告及び開示に関する事項について助言しています。
  • ドッド・フランク・ウォール街改革及び消費者保護法に基づく全ての規制に関する問題に対処し、ボルカー・ルール、自己勘定取引、デリバティブ排除条項及びその他のドッド・フランク法の規定についての戦略的助言を顧客に提供しています。
  • 投資ファンド、オルタナティブ ファンド アドバイザー、及び保険会社にこれらの企業の法務及びビジネス活動全般について助言を提供しています。
  • 融資、預金の受入及び取引のストラクチャリングから顧客のプライバシー保護までに及ぶ商業銀行の無数の活動について助言を提供しています。

このようなリーダーシップが注目されないはずがありません。シドリーは、取引価額においても募集の数においても米国のキャピタルマーケットに係るトップの法律事務所の一つとしての地位を維持しており、債務及びエクイティ、普通借入債務、資産担保証券、投資適格社債、IPO並びに追加株式募集を含む主要な証券カテゴリにおいて発行体及び引受会社の代理として強い存在感を示しています。トムソンロイターのデータによれば、シドリーは、過去10年間以上にわたり、米国キャピタルマーケットの募集(エクイティ、エクイティリンク債及び債務)において発行体の顧問として第1位、引受会社の顧問として第2位の地位を維持しており、発行体の顧問として2,434の募集を手掛け、取引価額にして1.5兆ドル近くの金額を調達し、引受会社の顧問として2,936の募集を手掛け、取引価額にして1.8兆ドル近くを調達しています。

当法律事務所は、斬新な戦略を開拓する顧客と提携すること並びに金融市場において顧客のために新たな商品及び金融商品を開発し続けることで知られています。このような革新には、現代における最初のREITのIPOである1991年のKimco Realty Corporationの転換点となるIPOが含まれます。私たちは、1970年代の不動産担保証券、1980年代の資産担保証券及びCPコンディット、その後のストラクチャード・インベストメント・ビークル会社及びクレジット・デリバティブ会社等の多くのストラクチャード ファイナンス商品の創出の最前線にいました。シドリーはまた、あらゆる種類の訴訟において金融サービス産業の顧客を代理します。

シドリーの金融サービス産業の顧客を代理した強力な弁護活動はまた、多くの業界誌において称賛を受けています。2013年、シドリーはU.S. News の Best Lawyers “Law Firm of the Year” in Securities / Capital Markets Lawを受賞しました。当法律事務所はまた、  U.S. News – Best Lawyers “Best Law Firms”の 2013年ランキングで証券/ キャピタルマーケット法、銀行業務及び金融サービス法、金融サービス規制並びに証券化及びストラクチャード ファイナンス法において全国最高ランクとされるとともに、3年間連続で米国の弁護士事務所のいずれよりも多くの全国最高ランクを得ており、更に、調査が始まって以来毎年全国最高ランクとされています。シドリーは、 Chambers USA: America’s Leading Lawyers for Businessのキャピタルマーケット: 証券化(全国)においても常にバンド1(最高クラス)にランクインしています。 Chambers Global 2012の取材先は、シドリーのキャピタル マーケット実務は、「全との障害に関する交渉において最高」であると評しています。2012年のWho’s Who Legal Guide は、「シドリーは、キャピタルマーケットに『極めて強い』事務所であり、顧客及び他の法律事務所はシドリーの弁護士の『専門性の幅の広さと一貫した品質の高さ』に感銘を受ける」としています。