Skip to content
言語選択:
シドリーは、メディア及びエンタテインメント業界の顧客が、コンテンツの制作、アグリゲーション及び配信に関する法律上およびビジネス上の問題に対処することを支援しています。センチュリーシティ、ロサンゼルス、パロアルト、ニューヨーク、ロンドン、中国本土及び香港等の業界のハブに戦略的に配置されているシドリーの弁護士は、FCC、FTC及びその他の世界中の監督機関との関係における代理を含め、重要な資金調達及びM&A取引、注目される訴訟、最差延単の配信ディール、税務、企業再編並びに規制に関する事項について顧客を支援します。
 

連絡先

シドリーは、資本家、メジャー映画制作会社及び独立系プロダクション、テレビネットワーク及び制作会社、デジタルアグリゲーター及び配信業者、テクノロジー企業、音楽会社並びにインターアクティブ及びソーシャルメディア企業等のメディア分野の国内外の幅広い顧客を代理します。

当法律事務所は、必ず、顧客及びそのビジネスを理解し、市場及びディールに関する深い理解を得るようにしています。つまり、シドリーは、単なる法務顧問以上となることにより、顧客に価値をもたらします。シドリーの市場、取引、ビジネス及び法務に関する卓越した経験には以下が含まれます。

グローバル ファイナンス リーダー。シドリーの弁護士は、多様な資金調達取引並びに知的財産権ロイヤリティ及び収益源の資金調達において、レンダー、投資家及びボロワーを代理してきました。フィルムファイナンス並びにテレビ及び音楽収益に関する資金調達の分野において認められたリーダーとして、シドリーは、シニアレンダー、メザニンレンダー及び株式投資家としての商業銀行、プライベートエクイティファンド、ヘッジファンド、ファミリーオフィス及び大富豪を代理してきました。シドリーは、運転資金の回転及びタームファシリティ、レバレッジド・アクイジション並びに資本再構成ファシリティ及びスピンオフ資金調達のストラクチャー及び交渉において、ボロワーである顧客を支援します。シドリーの経験には、メジャースタジオ及びその他の関係者とのスレート資金調達取引、単一映画資金調達、ライブラリ及びその他のコンテンツ取得の資金調達、最終融資、P&A融資、ギャップ及びスーパーギャップ融資並びに共同融資契約が含まれます。シドリーはまた、法廷内外での債務再編及び整理、連邦倒産法363条に基づく売却及び買収、委員会代表及び占有継続債務者並びに再建計画確認出口融資を含む不良債権に関与している多様な当事者を代理します。

ハイエンド及びプレミアムミドルマーケットのM&A取引業務 シドリーは、メディア及びエンタテインメントのあり様を変化させた取引に関与してきました。シドリーの弁護士は、数百万ドルから10億ドル超まで規模の様々な公開及び非公開の全ての形態のM&A取引において、戦略的な及び財務上のメディア及びエンタテインメント業界の買主を代理します。私たちはまた、株式公開せずに保有されてきたファミリービジネス、ポートフォリオ企業及び戦略的結合を含むメディア及びエンタテインメント業界に集中したM&A取引において、売主を代理します。シドリーの弁護士は、不良債権となったメディア資産に係る機会の分析について顧客と緊密に協力し、連邦倒産法363条に基づく取引において買主を代理し、また、経営権獲得取引において債券保有者を代理します。シドリーは、税務、雇用、福利厚生、知的財産権、反トラスト及びキャピタルマーケットを含む周辺法務分野全般にわたりメディアに集中する実務家を支援します。

デジタル メディア エクスペリエンス。シドリーは、デジタル時代が生み出した法的問題にも通暁しています。私たちのチームには、デジタルメディアに関連する取引の全側面について交渉するカリフォルニア州で最も高く評価されているテクノロジー専門の弁護士だけでなく、デジタルコンテンツに起因する訴訟を常時扱う訴訟専門弁護士が含まれています。私たちは、特に、映画、テレビ、音楽及び出版業界のリーダーとの間でのデジタルメディア配信取引、膨大な人数がオンラインでプレイするゲーム及びその他のビデオゲームの開発及び配信取引、デジタルメディアの配信を可能にし又は容易にするために利用されるテクノロジーのライセンス取引並びにデジタルメディアへのアクセスを可能にする消費者プラットフォームの開発及びライセンス取引において、豊富な経験を有します。

豊富な訴訟能力 シドリーの弁護士は、複雑でミッションクリティカルな紛争において、顧客のために積極的な弁護を行います。当法律事務所は、詳細にわたる訴訟前のガイダンスを提供し、ビジネス目的と紛争解決機会のバランスを取るよう努力します。訴訟が必要となり又はその他の形で発生する場合、私たちは、原告又は被告である顧客を代理して、第一審及び控訴審レベルの双方の事件を取り扱い、場合によっては最高裁における事件も扱います。これには「社運をかけた」契約違反及び不法行為、利益分配及び会計慣行に関する紛争、著作権及びアイデア盗用、商標侵害、特許訴訟、企業秘密及び不正競争、名誉棄損並びに合衆国憲法修正第1項に関する訴訟が含まれます。シドリーは、100件以上の名誉棄損及びプライバシーに関する訴訟で勝訴しています。

規制当局に関する洞察 シドリーは、メディア及びエンタテインメント業界の顧客を代理して世界中の規制問題を扱う上で特に優位にあります。シドリーの弁護士は、コンテンツ規制、電子商取引及びオンラインマーケティング法及び政策、プライバシー問題及びデータセキュリティ・侵害、虚偽広告、平等なアクセス、ネット中立性、所有制限、政治的放送、雇用機会均等に関する要件、子供向けテレビ、著作権並びにICANN規則を含むFCC、FTC及びその他の世界中の政府機関による調査の対象事項のほぼ全てについて、豊富な経験を有します。

マスメディアに関する洞察力 シドリーのメディア及びエンタテインメントグループは、屋外(OOH)看板に関する連邦、州及び地方自治体の幅広い訴訟及び規制関連問題を扱います。私たちは、世界最大のOOH企業の一つを代理し、また、一連の看板関連の問題について業界連合及び地方自治体を代理しています。私たちはまた、OOH広告業者の憲法で保障された言論の自由、契約の自由、正当な補償及び適正手続を擁護します。シドリーの弁護士は、違憲である地方自治体の看板規制に異議を申し立て、屋外看板に対する違法な課税に反対し、顧客の財産権を弁護することに成功しました。訴訟及び規制に関する業務を通して、シドリーは、数多くの法域でデジタルビルボード技術を採用する顧客の権利を確保し保護します。私たちのチームはまた、シドリーの他のプラクティスグループの弁護士と協力し、知的財産権、データプライバシー及びその他の今日のOOHメディア企業が直面する最先端の法律問題に対する解決手段を提供します。

シドリーの評価

シドリーによるメディア及びエンタテインメント業界の顧客のための強力な弁護は、数多くの業界誌及びリーガルダイレクトリーにおいて評価されています。これには、U.S. News – Best Lawyers,、Chambers USA,、The Legal 500 及び Benchmark Litigationが含まれます。シドリーのメディア及びエンタテインメントチームのメンバーは、The Hollywood Reporterにより、何度も「Top 100 Power Lawyer」に選ばれており、また、Variety誌によって幾度となく「Hollywood Dealmaker」及び「Legal Impact Report」受賞者に選ばれており、Daily Journalによってトップ50エンターテイメント弁護士に選ばれています。The Recorder は、2016年に、カリフォルニアにおける「最も重要でかつ最も難しい問題において顧客に素晴らしい結果」をもたらすことにコミットしているシドリーを、「Entertainment Litigation Department of the Year」に選んでいます。